パワーバランス

はい、完本しました!
とは言っても、これで芝居が完成したわけではありません。
ここから詰めていくところが今数えて見たところ627個はありました。
もちろん脚本のもちょちょこ調整していきたいと思います。

これを読んだ役者さんは
「おい、できたんじゃねえのかよ!?」
「全く優柔不断にも程があるわ」
なんて思われるかもしれませんが、そういうかたには往復ビンタを食らわします。
それに627個を詰めたところで新たな課題は出てくるものですから、より良いものを本番で出すために、どうか最後までお付き合い願いたいです。

ちなみになぜこんなに強気なのかと言いますと、
完本して、やっと役者さんと対等な立場に立てたからです。
「台本まだだから」とか
「今日は何ページしか増えません」などの引け目を感じなくなったからです。

つまり、稽古場におけるパワーバランスが整ったということです

坪井
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する