中根君

スクランブルの役者、中根道治君。
彼は去年からスクランブルの活動を『疎か』にしつつENBUゼミに通っていまして(笑)
3月にゼミの卒業公演を行うそうです。
興味のある方はぜひ!!


ENBU★フェスタ! 2009年度春期演劇コース劇場公演

 「墓場、女子高生」                    
作・演出 福原充則(ピチチ5)

●日程 2010年3月9日(火)19:00
         10日(水)14:00/18:00
     ※受付開始は開演の1時間前。開場は30分前
●料金 前売1,000円 当日1,200円(全席自由)
●劇場 笹塚ファクトリー(京王線「笹塚駅」北口徒歩30秒)
    渋谷区笹塚1-56-7京王笹塚ビルB2F

●予約・問い合わせ
ENBUゼミナール TEL:03-5358-5211 http://enbuzemi.co.jp/


楽しみです♪

告知

告知続きですが、7月に僕らスクランブルと風雲かぼちゃの馬車さん達と合同芝居をやります。
お互い劇団が持っているいいところ出し切れる芝居を目指しますんで興味のある方はぜひ!!


風雲かぼちゃの馬車・スクランブル合同公演

『ダンブル・ウィード』

日時
7月10日(土)14:00~
7月11日(日)18:00~

場所
テアトルフォンテ

今のところ情報はこれだけで寂しい感じはありますが・・・。
いろいろ決まり次第随時更新していきます☆
お楽しみに♪

ギリギリな告知

今回の公演に照明スタッフとして参加していただいてる、
佐藤遥さんと松永健資さん。
お2人とも横浜市立大学の学生さんです。
本番が近いにも関わらず、照明を引き受けて下さった、心の優しいお2人です。
そんなお2人が今週本番を迎えます。
しかも役者さんとして

劇団海星館 第89回公演
2010年度新入生歓迎公演

「嘘とワンダーランド」

脚本・演出 北村航也


【日程】
 4月21日(水)18:30~
   22日(木)18:30~
   23日(金)18:30~
   24日(土)15:00~
   25日(日)15:00~

※開場は開演の30分前

【料金】
前売:300円
当日:400円
新入生無料

【場所】
横浜市立大学金沢八景キャンパス
サークルC棟1階 劇団海星館アトリエ
※京浜急行線 金沢八景駅より徒歩10分

告知がギリギリ本番2日前になってしまい申し訳ありません。

そして・・・
またもやギリギリな告知なんですが・・・。
音響の中澤さん(藤井さん、中根君のENBU仲間)も役者さんとして本番を迎えるそうです。
相当心が広い方です。

ENBUゼミナール
2009年度春期演劇コース卒業公演

『アメリカ』

演出 赤堀雅秋(THE SHAMPOO HAT)

【日程】
2010年4月28日(水)19:00
2010年4月29日(木)14:00/18:00
【出演】
秋山静 入福啓介 神田智里 木下秋津 小林祐美 齋藤加奈子
櫻井奈美子 佐々木空 白井幸江 滝沢佑果 富田真喜 中澤宏介 萬歳公重 山崎由布子

【場所】
笹塚ファクトリー
京王線「笹塚駅」下車徒歩0分
笹塚駅改札左手(北口)を出て、右手の広場に出ます。
八千代銀行ATM横の階段を降りた地下2階です。

2つとも楽しみです♪
そして3名とも役者をやりながらもスタッフをやっていただけるバイタリティ・・・
僕なら絶対やりたくはありません(笑)
とにかく、佐藤さん、中澤さん、松永さんに感謝です。

坪井

所在無き

昨日は小屋入りで、今日は初日でした
ご来場していただいた皆様まことにありがとうございました。

残りの公演も嬉しいかな悲しいかな、チケット余っていますので御予約下さい。

さて、小屋入り以降僕はほんとにすることがありません。
正確に言えば入る余地がないのです。
役者さんに関しては約2ヶ月間稽古で積み重ねて来たものがあるので、
最後に気になるところを確認し、成功を祈るのみです。
スタッフさんに関してはテキパキと自分達の仕事をこなしてくれるので、
僕が最後に気になるところを確認し、後は成功を祈るのみです。

さてここからは一人ぼっちになります。

役者さんは本番までの緊張をほぐすために、セリフ合わせをしたり、台本
を確認したり、リラックスして談笑したりと、役者同士の輪が出来ているので、
僕の入る余地がありません…。

スタッフさんは各々機材の調整したり、役者さんに合わせて練習したり、
本番で役者さんを支える職人に徹してくれるので、
これまた僕の入る余地がありません…。

残すところは・・・あいさん。今回は制作を全面的に支えてくれているので、
さぞや大変であろうと思い、お手伝いさせてもらおうとしたところ
「いいんですいいんです休んでてください」
「休むも何も、何もしてないんで」
「坪井さんお疲れでしょ??」
「いやいや受け付け準備くらいは」
「座ってお茶でも飲んでてください」
……。
予約チケットの準備をするあいさんのそばで、コーヒーを飲みながら佇んでいました。

あまりにも寂しいので、腹いせに中根君の靴を蹴飛ばしたり、隠したりしました。
それでも相手にしてくれないので、お釣りの準備をしているあいさんの元へ戻り
無理矢理お話しをさせてもらいました。

演劇の事についてのお話。
成人してから干支を一周した事についてのお話し。
スクランブルの事についてのお話。
84-52=32になる事についてのお話。
やぶさかさんの事についてのお話。
27歳の僕もあと5年経てばあいさんの年齢になる事についてのお話。

そうこうするうちに初日の幕が開きます。
ここで僕の無力感と寂しさはピークを迎えます。
役者さんとスタッフさんのおかげで無事初日を終えました。
僕は祈る事しかできませんでしたが、皆さんお疲れさまでした。

明日はどなたが無駄話に付き合ってくれるのでしょうか??それだけが心配です。
坪井でした。

楽回 御礼

助演もどきのあいさんです。

沢山の方々に支えられ、無事、舞台の幕がおりました!
色々順調に進んだ公演だったようで何よりです。



プチ情報。
また、明日@5月10日発売の『演劇ぶっく』
俳優の“卵たち”の現在というページに
当公演出演 中根道治+藤井牧子 が掲載されております!

終演後に手に持って御挨拶すればいいのに、って感じでしたが
…気恥ずかしかった模様です…(失念してたとも言う)。

演ぶの編集長さんが卒業公演を観に来た折り
気に入ってくださったとか? 要チェキです。